着物のクリーニングについて

昔に比べて着物を着る機会は減っていますが、今でもお祝いの席などでは着ることがあります。一日着ていると汗をかきますし、ハプニングで汚れてしまうこともあります。そのままにしておくとしみになってしまいせっかくの着物が台無しになってしまいます。家で洗える着物もあるそうですが、私の着物は洗えるものではないのでクリーニングに出します。一般的な洗いのお店に出すととても高額ですが、母に紹介してもらった洗いのお店にお願いしてクリーニングをしてもらっています。遠方のお店なので持っていくことができませんが、着物とシミや汚れをメモした紙を同封して宅配便で送るだけなのでとても簡単です。洗って返却して下さる時には袋に入れて返してもらえるのでシワを気にすることなくそのまましまうことができてとても便利です。お値段もリーズナブルなのでよく利用します。

着物のクリーニングのメリット

着物をクリーニングに出すことによってどのようなメリットがあるのかを紹介してみたいと思います。まず、出す理由としてどのようなことがあるのかについてですが、ファンデーションがついてしまったり、汗をかいたからとか、シミがついてしまったなどというようなことがあげられるかと思います。こういった汚れやシミを取り除くことができるというメリットや、素材にそったクリーニングをおこなうことで傷みにくいというメリットがあることを知っておいてもらいたいと思います。それから、型くずれをしにくいということがあげられるかと思います。せっかくの着物ですから大切に扱ってもらいたいとことから、着物を着たら、クリーニングに出して保管されることをおすすめしておきたいと思います。通常の着物でしたら7000円くらいから10000円くらいでできますよ。

着物をクリーニングに出してみました

普段あまり着物を着る機会がないのですが、この間友人の結婚式で着て初めて、着物をクリーニングに出しました。やはり、日頃そこまでそのお店では取り扱いがないように店員さんも言ってました。いつも出す時の一般的なやり方とは少し違っていました。まず、記入する用紙がそれ専用にありましたし、入れる袋等も全部着物専用のものが揃っていました。お値段も、いつも出すスーツ等よりも少し高かったですが、恐らく全てにおいて特殊なんだと思いました。なかなか着る機会がない人こそ、次また着る時の為にきちんとした方が良いのではないかなと思いました。自分で出来ることなら、それに越したことはありませんが、なかなかそれは難しいことだと思うので、ちゃんとその道のプロにお願いすることが、ずっと綺麗で良い状態を保てるってことだなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*